フィリピンに沈む戦艦武蔵 沈没から71年、シブヤン海で発見

日記
スポンサーリンク

戦艦武蔵を知っていますか?ほとんどの人にとっては戦艦大和の方が有名だと思いますが、武蔵にもストーリーがあります。

今回は、今もフィリピンに沈んでいる戦艦武蔵をご紹介します。

戦艦武蔵とは

出典:NHK

戦艦武蔵は大和型戦艦の2番艦で、スペックは大和と同程度です。

  • 起工:1938年3月29日
  • 浸水:1940年11月1日
  • 就役:1942年8月5日
  • 最期:1944年10月24日
  • 基準排水量:65,000トン
  • 全長:263メートル

大きさが想像しづらいですが、ジャンボジェット機3機分らしいです。

46センチ砲を搭載した超弩級戦艦です。ド級とよく言いますが、この「ド」は、イギリスの戦艦ドレッドノートからきています。

武蔵は、世界最大の戦艦、最大の艦砲を搭載した軍艦としてギネス世界記録に認定されています。

また、内部は1000以上の区画に分かれており浸水に強く、エンジンを守る装甲板は世界一の厚さでした。そのため、絶対に沈まない「不沈艦」と言われていました。

建造されたのは、三菱重工業長崎造船所です。大和型戦艦3番艦が、建造中に空母信濃に変更されたため、武蔵は大日本帝国海軍が建造した最後の戦艦です。

1943年2月11日には、大和から連合艦隊旗艦の座を譲り受けます。

しかし、太平洋戦争が勃発した後も、武蔵はトラック諸島泊地から動くことはなく、大和が「大和ホテル」と言われたように、「武蔵御殿」、「武蔵旅館」と揶揄されました。

確か船内が豪華で、実際宿泊するには良かったみたいなことを映画で見た気がします。

当時は既に空での戦闘が中心で、空母や戦闘機が重視されていました。そのため、武蔵の活躍はほとんどありません。

1944年2月、トラック諸島泊地が陥落すると、パラオに根拠地を移し、次にフィリピンのダバオに移動します。

武蔵が戦列に加わったのは、1944年6月16日でした。マリアナ沖海戦では、被害を受けることなくアメリカ軍にやり過ごされています。この時の撃破数は20数機ほどでした。

レイテ沖海戦

レイテ沖海戦は、10月20日から25日までです。

10月22日、武蔵は栗田健男中将指揮の栗田艦隊の一艦として、大和や長門とともにブルネイから出撃します。この時、武蔵だけが塗装を銀鼠色に塗り直していました。

10月24日、戦闘の詳細は割愛しますが、「不沈艦」と言われていた武蔵は沈みました。ここでの戦闘を特に、シブヤン海海戦と言います。艦齢821日、全乗組員2399名中、戦死者1023名、生存者1376名。

沈没時に救助された乗組員は、その後ルソン島に向かわされました。陸上戦に投入された武蔵乗組員640名のうち、生存者は50名以下です。

武蔵の被害は凄まじく、世界一被弾火薬量の多い軍艦としてギネス世界記録に認定されています。その被害は「軍艦武蔵戦闘詳報」によると、魚雷20本、爆弾17発、至近弾18発と結論づけられています。

YouTubeには色々な動画があります。NHKの2時間くらいの特集もありますが、5分以下でわかりやすい動画があったので掲載しておきます。

NHK戦艦武蔵の最期 シブヤン海海戦

武蔵発見

海底に沈んだ武蔵が発見されたのは2015年3月2日でした。マイクロソフトの共同創業者ポール・アレン氏の調査チームが、シブヤン海の水深1000メートルで発見しました。調査にはアレン氏私有の海洋調査船オクトパスが使用されています。

調査は資料収集や海底の地形調査から始まり、実際に発見するまで8年かかったそうです。

映像では、船首の菊の紋章、イカリ、軍靴などを見ることができます。約1000人の戦死者の英霊も沈んでいるんでしょうか。

出典:NHK

ちなみに、アメリカの重巡洋艦インディアナポリスも2017年8月18日、ポール・アレン氏によって発見されています。フィリピン海の5500メートルの海底に沈んでいます。

まとめ

戦艦武蔵について軽くご紹介しました。2015年に発見されたというニュースをリアルタイムで見たのを、今でも覚えています。

フィリピンについて勉強するにあたり、戦争の歴史は避けては通れません。より多くの日本人に興味を持ってほしいと思います。

参考:WikipediaNHK

コメント

  1. altbein より:

     いつも素敵な記事を有難う御座います。いつか現地で祈りを捧げたいと思っています。      小生、渡比歴11年です。例の武漢ウイルス騒ぎで 三月22日のマニラから羽田の便が駄目になり急遽、バンコクに逆戻り。帰国のため、数日前にバンコクからマニラに来たんですけどね。四月10日に這う這うの体で帰国しました。                                 もし、近々、セブに行けるようになったら、お会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました