セブ島観光の定番アイランドホッピング ボートで離島めぐり、ビーチでバーベキュー

観光
スポンサーリンク

アイランドホッピングはジンベイザメツアーと並んでセブ島ツアーの2大人気の1つで、アイランドピクニックとも言います。

バンカーボートというフィリピンスタイルのボートで離島を巡りながら、シュノーケリングをしたりバーベキューをしたりします。


ここではセブ島のお隣、空港があるマクタン島を出発するパターンをご紹介します。

セブ島からアイランドホッピングで行ける島

ヒルトゥガン島

マクタン島のコルドバから船で20分くらいです。ほとんどの日本の旅行会社のツアーではここでシュノーケリングをします


シュノーケリングでは綺麗な熱帯魚の大群と一緒に泳ぐことができます。

ターシャ
ターシャ

ニモやドリーもいるよ

ヒルトゥガン島には1000人くらい住んでいて、中に入ると島での暮らしが見られます。島の中に入るツアーは少ないですが、ビーチやバーがあり、バーベキューもできます。

ナルスアン島

小さな無人島で、ヒルトゥガン島からさらに20分ほど行ったところにあります。長い桟橋の写真はよくパンフレットなどに使われます。

島の中でもシュノーケリングができますが、メインは映える写真撮影。

セブユキさん
セブユキさん

インスタ映えってもう古いですかね?

島内には撮影スポットがいくつもあり、海や空の青が綺麗に写ります。

セブユキさん
セブユキさん

韓国人がよく来ます

みんなずっと写真を撮っていますね

ナルスアン島のレストランで食事をするツアーも多いです。

カオハガン島

何も無くて豊かな島というキャッチフレーズがついた島です。日本人が買い取った島で、今でも住んでいます。

ヒルトゥガン島と同じく、人が住んでいて、島内で海の幸を食べるツアーもあります。

パンダノン島

天国にいちばん近い島と言われています。ナルスアン島やカオハガン島よりさらに奥にあり、白い砂浜が綺麗な島です。

ここでもバーベキューができますし、ビーチは日本での海水浴に似た感じのイメージです。

アイランドホッピングのついでにマリンアクティビティ

ジェットスキー

フィリピンでは免許無しで運転できます。催行会社によってインストラクターと2人乗りするところもあれば、初めから1人で自由に運転できるところもあります。
30分5,000円くらいです。

パラセーリング

パラシュートをつけてボートに引っ張ってもらいます。高いところが苦手であれば怖いかもしれませんが、アクティビティは激しいものではありません。

ターシャ
ターシャ

上空からはセブが一望できて気持ちいいよ

セブユキさん
セブユキさん

日本のテレビ番組で狩野英孝がやっているのを見ました

バナナボート

定番のバナナボートです。わざわざやるほどでは無いかもしれませんが4人から8人くらいで参加すれば楽しいと思います。

旅行会社のツアー

日本の旅行会社がツアーをしていて、行く島や所要時間にもよりますがツアー料金は約8,000円です。

自力で行く場合、朝港に行けば直接交渉できて、ボートは約5,000円から1万円なので、人数が多いほど割安になります。

船上でバーベキューができるか、島内のレストランで昼食を取るのか、確認しておきましょう。

セブ市内のホテルを朝7時頃出発し、港まで1時間、昼食後港に戻るのは14時くらいです。
シャワーやトイレがなかなか無いので注意してください。

まとめ

アイランドホッピングはセブ島で人気のツアーのひとつです。

セブシティやマクタン島の海はあまり綺麗ではありませんが、離島に行くとすごく綺麗なビーチや海があります。

ボートで移動するのも気持ちいいので、ぜひ体験してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました