セブ島で英語は通じる?フィリピンの現地語はタガログ語やビサヤ語

移住
スポンサーリンク

セブ島で英語は通じるのかという疑問はよくあります。特にセブ島に留学を考えている人ですね。
セブ島留学は有名ですが、フィリピンで英語は勉強できないという意見もあります。

今回は僕が5年住んだ経験から、セブ島の英語について解説します。また、タガログ語やビサヤ語についても触れています。

フィリピンの言語

英語はフィリピン語とともに公用語に指定されていますが、現地の人同士はほとんど現地語で話します。

現地語は色々あって、地域ごとに結構違います。島が違えば会話ができないので、その時に英語で話すこともあります。

また、現地語には存在しない単語も多く、そのへんも英語で代用されます。
タガログ語を話す人も英語がところどころ混ざるので、タグリッシュと呼ばれたりします。

フィリピン人は英語を小学1年生の頃から習います。詳しくは分かりませんが、多分難しい専門用語も現地語には無いと思います。
数字とか月とか曜日とか、現地語もありますが、英語で代用されることが多いです。

また、街中の看板などもほとんど英語で、ホテルやレストランなど、分かりやすいですよ。

フィリピン人の英語力

小学生の頃から授業で習うだけでなく、学校でも話すことが多いので、日本人よりは確実に英語力があります。
英語力の高さはTOEICの点数にも現れていて、アジアでトップクラスです。

特に、ほとんどの語学学校の先生は資格試験に受かっていて、流暢な英語を話します。ただ、質の悪い講師を採用している学校には気をつけてくださいね。バイトの講師もいます。

フィリピン人は日本人と同じく、第二言語として英語を勉強しているので、癖のない発音をします。
よくネイティブ英語が良いと言われますが、ネイティブってイギリスの田舎の方言みたいなものです。
外国人が日本語を勉強する時、標準語を勉強しますよね。方言を学んでも仕方ないです。

フィリピン人の英語はスラングなどなく、教科書通りの標準語なので、日本人にとって理解しやすいです。
実際英語力がそんなに高くない僕も困らずに過ごせています。

また、観光客が関わる、空港やホテルのスタッフは特に英語力が高いです。レストランやファストフード、コンビニの店員でも普通に英語が話せます。

逆に、貧困層は全く話せない人もいます。小学生の頃から英語を習うと言いましたが、フィリピンには小学校に行けない子どももたくさんいます。日本人が海外に学校を建てるボランティアとかよく聞きますよね。

僕はスラム街に友達がいますが、英語ができない人も多いです。中には流暢な人もいるので、英語とビサヤ語で通訳してもらっています。

というわけで、英語力は経済レベルや学力に比例するって感じですね。

フィリピンの現地語

ざっくりと、マニラはタガログ語、セブはビサヤ語です。他にもいろいろありますが。

セブ島に住むならぜひビサヤ語を勉強しましょう。英語が通じるので必須ではありませんが、できた方がフィリピン人とより仲良くなれます。
僕がビサヤ語を話すとみんなおもしろがり、どうして分かるんだとか、何年住んでいるのとか、色々と聞いてきます。

また、ぼったくり対策にもなります。
ローカルな店には値札がなく、店員の言い値になることもあります。

英語ができないとぼったくられるとよく言われますが、むしろ英語を話すとぼったくられます。
店の近くで日本語で会話して、外国人とばれるのも良くないです。僕がローカルな場所をガイドをする時は、日本語を話さないように注意しています。

僕はローカルな店でよく買い物しますが、ビサヤ語しか話さず、外国人に見られないようにしています。見た目も結構フィリピン人に近づいてきました。汚いTシャツをあえて着るようにしています。

とは言え、誰でもぼったくられるわけではありません。よっぽどの事がない限り、ぼったくりはほとんど無いので安心してください。

まとめ

フィリピンで英語は通じますが、フィリピン人が話すのは現地語です。
現地語にも色々あるので、また今度詳しくご紹介しようと思います。

日本人が関わるような人は英語ができるので、観光や留学で英語が伝わらず困るようなことはほとんどありません。

英語ができればフィリピン人と普通に会話できるので、問題は日本人の英語力だけですね。

コメント

  1. 匿名 より:

    OUTポイントで高いポイントを獲得しているのにINポイントが無いのは、にほんブログ村のバナーがどこにあるかが読者にわからない事が原因だと思います。

タイトルとURLをコピーしました