フィリピンのBuy1Take1という商法 実質半額でお得に買い物

移住
スポンサーリンク

フィリピンにはBuy1Take1(バイワンテイクワン)という販売戦略があります。

これは文字通り1個買ったら1個貰えるという意味で、商品だけでなくいろんなサービスに適用されています。

今回はフィリピンのお得な割引についてご紹介します。

Buy1Take1とは

Buy1Take1はフィリピンでよく見かける商法で、Buy1Get1とも言います。特にスーパーでよく見かけますが、ローカルマーケットやレストランなどにもあります。1個買うと同じ商品がもう1個貰えるので、値段的には実質半額でとてもお得です。

元の値段はそのままです。1個100円のものが2個100円になります。これとは別に1個100円、2個セットで180円とかもわずかですがあります。

ちなみに韓国にも同じ販売戦略があるそうで、1+1(ワンプラスワン)と言います。

スーパーでは常に何かしらBuy1Take1があるので、在住者の方は利用することも多いのではないでしょうか。もちろん僕もよく使います。

オマケが好きなフィリピン人

フィリピン人はオマケが好きなのか、このタイプの商法をよく見かけます。何%オフとかよりわかりやすくていいんですかね?

また、ジュース1本買えばお菓子がついてくるみたいな抱き合わせ商法もどきがあります。値段的にはジュース1本だけなので、抱き合わせ商法ではなくあくまでもオマケですね

日本人は割引きにお得を感じるので、日本では20%オフとか半額というやり方ですよね。フィリピンではこれをほとんど見かけません。

セブユキさん
セブユキさん

実際僕もオマケでもう1個という感覚ではなく、実質半額と換算してお得を感じます

計算ができないフィリピン人

これは僕がセブに住んで感じたことですが、フィリピン人は相対評価ができない人が多いです。

例えば、1個100円、2個180円なら、100円の方が安いと言います。(全員ではありません。)

そのため、1箱(20本)200円のタバコを1本12円でバラ売りするという商売が成り立ちます。まあこれにはまとまったお金が無くて1箱買えないという事情もありますが。

セブユキさん
セブユキさん

昔友達がバラで買っていました

1本12円のタバコを20本買うと240円になるので、1箱買った方が安いと丁寧に説明したことがあります

つまりBuy1Take1は、計算が苦手なフィリピン人がわかりやすくお得を感じる方法なのかなと思っています。

Buy1Take1の派生

Buy1Take1にはその派生もあり、2+1や3+1、中にはBuy11Get1なんかも見ました。どれもお得には違いありませんが、11個買えば1個無料ということは値引き率は9%以下ですよね。

ニワトリ
ニワトリ

誰もそこまで計算していないと思いますが

セブユキさん
セブユキさん

11個分の値段で12個買えるので、ほんのちょっとお得です

いろんなBuy1Take1

僕が今まで見た中でおもしろかったBuy1Take1はスーツケースや扇風機です。

ターシャ
ターシャ

そんなものまで1個プラスで貰えるんですね

セブユキさん
セブユキさん

これは2個いらんやろ

スーツケースは夫婦で使ったりするとして、さすがに扇風機は2個いりません。まあ誰かにあげたり売ったりできるし、元の値段は同じなので損をするわけではありませんが。

また、Buy1Take1のハンバーガー屋さんがあります。

ニワトリ
ニワトリ

2個100円?2個食べれんから1個50円にしてくれ

あくまでももう1個貰えるというだけです。2個あってもいい日用品とかなら実質半額ですが、そうでなければ困りますね。

レストランやカラオケ屋なら、ビール5本買えばプラス1本というのが多いです。ビール瓶6本が氷と一緒にバケツに入って出てきます。僕もよくこの飲み方をします。

セブユキさん
セブユキさん

どうせ何本も飲むのでまとめてバケツで頼みます

他にも、ホテルに2泊すればもう1泊無料、ある施設に3人で入場すればもう1人無料など、使いどころが限定的なサービスもあります。

フィリピンのプロモ

フィリピンでは割引き、値引き、セール、サービス、お得などを全てまとめて「Promo(プロモ)」と言います。これは英語のPromotionからきていて、促進という意味です。

特に携帯電話のプランや航空券の販売にプロモという言葉がついてきます。Buy1Take1もスーパーが行っているプロモです。

ターシャ
ターシャ

ベテラン旅行者は常にセプパシのプロモを狙っていますよね

まとめ

フィリピンには日本とは違う独特なセールがあります。割引き、値引きともまた違いますね。

観光客にとってはあまり関係ないことですが、在住者はぜひフィリピンのお得なプロモを探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました